助っ人にもほどがある

昨年の暮れに高校バスケのウインターカップと京都での高校駅伝をテレビで見た。

なんとも奇妙な光景が目に飛び込んでくる。バスケでは、セネガル、マリ、中国などから2m以上の長身選手がチームの中心となってプレーしている。そして、駅伝ではケニアからの選手が颯爽と走っている。何かおかしくないか。

バスケや駅伝の高校生を留学生と呼べるだろうか。どう見ても日本文化に興味を持ち、日本で勉強したいから本人の意志で来たとは見えない。単にバスケや駅伝の強化のためだけに送られてきているようにしか見えない。本国からの援助や本人の資金で来ているようにも見えない。どう見ても、日本の高校がお金を出して呼んでいるようにしか見えない。これでは、大げさに言えば人買いではないかとさえ思える。

そして、高校の指導者は、留学生を中心にチームを作る。その高校では、日本人選手は留学生を生かすための援助に回るほかない。どう見ても、日本人選手のためになっているとは思えない。そして、外国人留学生を用いて勝ったとしても、その指導者に指導力があるとは誰も認めないだろう。

ただ勝ちたいがために、手段を選ばず外国から選手を連れてきているだけではないか。こういう勝利至上主義が一番良くない。スポーツはルールの下で勝敗を競い勝利を求めるものであるから、正当な勝利至上主義というものはある。しかし、外国から勝利のために部品の輸入でもするように選手を連れてくるのは、どう見てもフェアーではない。スポーツにおいては、フェアーでないということは、その時点で失格である。

 

高校スポーツに外国人留学生を参加さすことは、日本スポーツの恥である。